home menu drink access toiawase blog recruit
立川駅南口にあるイタリアン インカメラと ポルタ のスタッフブログです。不定期に更新中です。
ハルルのイタリア一周ワイン紀行 vol.14
 3月ですよね・・・?

と疑いたくなるようなお天気。
まさか雪が降るとは思いませんでした。。。



急な気温の変化に体調を崩されてしまう方もいらっしゃるかと思いますので
皆様もお気をつけください*










こんばんは、InCameraスタッフのハルルです*






今日のイタリアワイン紀行は
まさに日本人のイメージする
「イタリア」を象徴するかのようなところです*



カンパーニャ州



州都は
ローマ、ミラノに次いで3番目に大きい都市である「ナポリ」



地中海性気候で温暖なため、
野菜やハーブ類の生産量が豊富です。
書きたいことは本当にたくさんあるのですが、
今日はそのごく一部を皆様にご紹介いたしますっ*




南イタリアの料理は、新鮮で豊富な魚介類トマトソースを使った料理が特徴です。

水牛の飼育も盛んで、水牛の乳から作られるモッツァレラチーズが有名。



日本人が「イタリア料理」といったらイメージする
トマトをふんだんに使った料理やスパゲッティ料理、ピッツァなどは
全て主にこの州を代表する料理といえます。



そして、最近映画にもなり話題を呼んでいる「アマルフィ」もここカンパーニャ州の都市*
リゾート地としても有名で、ここではレモンの栽培が盛んに行われております。
グレープフルーツほどの大きさの立派なレモンがたわわに育つのです。

このレモンを使って造られる食後酒「リモンチェッロ」も有名です。
一度は本場のリモンチェッロ、飲んでみたいものです*














カンパーニャはイタリアの中でも地ブドウが多く、
その数はなんと80種類はあるといわれています!


その中でも、赤ワインでは
「南部のバローロ」と名高い「タウラージ」が有名です*
南部の土着品種「アリアニコ種」を使い、
黒色系果実やスパイスの香りを持つ
しっかりとしたフルボディの赤ワインです!


白は主にフレッシュで旨みのあるタイプの辛口が作られることが多く、
イタリア全土でも多く消費されています。
グレコやファランギーナなどこの土地ならではのブドウがたくさんあり、
それらを使用して、他にはない味わいを引き出してます。



生魚料理にも合うワインなので
カルパッチョだけでなく、
お刺身やお寿司などとも相性がいいんですよ!!!



おうちでお刺身や手巻き寿司をするときなどには
是非カンパーニャの白ワインをチョイスしてみてください*








さてさて、イタリアワイン紀行もあと少し!


次はどこへ行こうかな〜****









ハルルでした*
| incamera | ハルル日記 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.incamera.jp/trackback/152
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ