home menu drink access toiawase blog recruit
立川駅南口にあるイタリアン インカメラと ポルタ のスタッフブログです。不定期に更新中です。
ハルルのイタリア一周ワイン紀行 vol.10
 おはようございます!



InCameraスタッフのハルルです*






さあ。
イタリアワイン紀行も
記念すべき10回目となりました!





楽しんで見ていただけているでしょうか?




早速張り切ってまいりましょう!!!







10回目の今日、ピックアップする州・・・




勘の鋭い方はもうお気づきかもしれませんね*










はい。

今日はイタリアのワイン名壌地としても名高い

トスカーナ州をご紹介いたします!!




イタリアワインを語るに当たって
トスカーナ州は絶対に欠かせない
とっても重要な州なのです*





州都は花の都フィレンツェ


有名な画家であるレオナルド・ダヴィンチもここトスカーナ出身です。




そんなトスカーナで抑えておきたいポイント、それは







新時代のスーパータスカン

そして

歴史と伝統のキャンティです!










「選び抜いた葡萄品種と醸造法で最高のワインを造ろう」




当店でも取り扱っている「サッシカイア」を筆頭に
イタリアのワイン法に縛られずに造ったこだわりのワインたち。


それがスーパータスカンです。


格付けなどは関係ない!
イタリア人らしいですよね。

もちろん味わいは超一流。
世界中から高い評価を受けている大変貴重なワインです。








そして





イタリアワインの代名詞とも言われる「サンジョベーゼ」を使ったワインの中で
最も歴史の深いキャンティ


一口にキャンティといっても味わいは様々で
果実味溢れるタイプからコショウのようなスパイスの香りのするものまで
本当に作り手の個性が素直に現れるワインです。
数種類のキャンティを飲み比べてみてもすごく面白いんじゃないでしょうか^^




程よい酸とタンニンをもつ、イタリアの代表選手!!!



 InCameraのおススメはこちらっ*


カステッロ・ディ・クエルチェート

キャンティ・クラシコ ”レ・カンパネ” 2007





キャンティの典型的な特徴を見事に引き出しているワインです。


甘酸っぱいベリーや赤い花の香り、
口に含むと酸味、渋み、甘味など全て含んだバランスの良い味わい。
同じく酸味と甘味を持つトマトソースを使った料理にはもってこいですよ〜***











さ〜て、
次はどこへいこうかな〜?








ハルルでした*
| incamera | ハルル日記 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.incamera.jp/trackback/146
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ