home menu drink access toiawase blog recruit
立川駅南口にあるイタリアン インカメラと ポルタ のスタッフブログです。不定期に更新中です。
ハルルのイタリア一周ワイン紀行 vol.9

記録的な大雪でホワイトバレンタインを迎えたのも記憶に新しく、

立川でもこんなに雪が降るんだ、と感心してしまいました*笑




気づけば2月も折り返し地点。
早いものです。





こんばんは、InCameraスタッフのハルルです*





さて、今回のイタリアワイン紀行は
イタリアの東、アドリア海に面している
海と山、両方の自然からの恩恵を受けている


マルケ州をご紹介いたしましょう!!




マルケ州はトスカーナの陰に隠れて知名度があまり高くありませんが、
実はグルメの州です。

注目されているのは
「トリュフ」

トリュフといえば、北部ピエモンテのものが有名で、
大体の人はピエモンテのトリュフを求めます。

マルケ州のトリュフは品質はさほどピエモンテのものと変わらないのに
知名度が低い分低価格になり、
そのため年々注目が集まっているのです!


InCameraでもマルケ州のフレッシュのトリュフを仕入れていますが、
もちろん香りも申し分なく、
シンプルな卵料理にさっとスライスすると
トリュフの風味が最大限引き出されてとっても美味***
オススメです!!!!!


そのほかにも新鮮で質の高い食材を使うのがマルケ州の人々の料理の特徴です。
トリュフをはじめとする山の幸、
そしてアドリア海でとれる新鮮な魚介たち。。。
海の幸がたっぷり入った「ブロデッド」も名物料理となっています*





そんなマルケで有名なのが



”ヴェルディッキオ”



この名前、是非覚えてみてください!
イタリアの中でも有名な白ブドウで、
2009年にはこのブドウから作られるワインが2つもDOCGに昇格しております!

味わいはミネラルからくる旨み、そして心地よい酸味が特徴です。

生魚を食べる日本人にはもってこい!
新鮮な魚介と相性がとてもよいので、
鮮魚のカルパッチョや魚介の白ワイン蒸しなどとあわせていただきたいワインです*



そうそう、最近では少なくなりましたが、ヴェルディッキオは
古代ギリシャの壺、 アンフォラ をかたどったボトルでも有名ですね。

魚介に合わせて飲んでもらいたいという生産者たちからの思いなのか、最近では
思わず手にとってしまうようなユニークな魚型のボトルなども作られているんですよ**




白だけでなく、
サンジョベーゼやモンテプルチャーノなどの黒ブドウから
良質な赤ワインもたくさん造られております*





皆さん要チェックですよ〜*

美食の街、マルケ







さてさて、
次はどこへ行こうかな〜***





ハルルでした*

| incamera | ハルル日記 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.incamera.jp/trackback/145
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ