home menu drink access toiawase blog recruit
立川駅南口にあるイタリアン インカメラと ポルタ のスタッフブログです。不定期に更新中です。
ハルルのイタリア一周ワイン紀行 vol.7
 こんばんは*
InCameraスタッフのハルルです*


2月に入りまして、日中は心なしか暖かく感じられるようになりましたね*




今日は今の時期はもちろん、もう少し暖かくなってきた春先あたりにもぴったり、
そんなワインを造る州を2つご紹介したいと思います。


まずはこちらリグーリア州




こちらはイタリア最西端。
ピエモンテとトスカーナを結ぶアーチ型の州です*

州都はジェノヴァ。
有名なリゾート地ポルトヴェーネレや
世界遺産にも登録されたチンクエ・テッレなど
面積は狭いながらも見所たくさん*



この地方で有名な葡萄品種は
”ヴェルメンティーノ”という白ブドウです。

アーモンドやタイム・バジルなどの香りを持つ白ワインを生み出します*



リグーリア州でも特に有名なジェノベーゼ(バジルを使ったのグリーンソース)
を使ったパスタには
ヴェルメンティーノ種の白ワインはもってこいですね!



ジェノヴァ地域は料理に松の実や胡桃などのナッツ類、野菜やハーブを使うものが多いので
イタリア料理の中でもとてもライトでヘルシーな印象があります。

どことなく日本にも通じるものがありますよね^^










続いては、「イタリア白ワインの聖地」とも呼ばれる
北イタリア屈指の高品質白ワインを生み出す産地











フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州





フリウリの丘陵地帯は特に白ワインに適するといわれています。
今日は白ワインの気分だわーなんてときには
是非フリウリのものを試してみてください***
もちろん、白ではなく甘口タイプのものや
メルロやカベルネ、フリウリの土着品種を使った興味深い赤ワインなども造られております。




それから、フリウリはイタリア国内でも良く知られるグルメの地で、

特に有名なのは
サンダニエーレの生ハム!



聞いたことある方もいらっしゃるのでは?^^*


近隣の国の影響もあってか、
イタリアらしい地中海料理というよりも、中央ヨーロッパの食文化に近いです*


ワインも上品な味わいのものが多く、
同じイタリアでもこんなに違いがあるんだなあと、改めて感じました。







さて、そんなフリウリの最高傑作、

イタリア白ワイン界、北の巨匠とまで呼ばれるほどの造り手

ヴィエ・ディ・ロマンスをご紹介します!





ヴィエ・ディ・ロマンスの造るワインは
凝縮感があるにもかかわらず、
清涼感と上品さも兼ね備えており、

間違いなくこの地方トップランクの味わいです!!!




InCameraでお飲みいただけるのは2種類!








チャンパニス・ヴィエリス 
シャルドネ 2008



ステンレス・タンクで醸造されたピュアでクリーンな味わいの白ワイン。果実実たっぷり*
ワインをあまり飲み慣れていない方にも
上級者の方にもオススメしたい、
イタリアのシャルドネの傑作です!












デッシミス
ピノ・グリージョ
2008



一瞬
「白ワイン!?」と目を疑うほどの濃い色合い。
樽からくるトロッとした蜜の香りと
びわや夕張メロンなど美味しそうなフルーツの香りが印象的。

そして甘さに転ばないミネラル感と酸味。
どっしりとした辛口で圧倒的な存在感があり、さすが!と思わず言いたくなります。










さあ、これで北部はおしまいです。



次はどこへいこうかな〜***







ハルルでした*
| incamera | ハルル日記 | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.incamera.jp/trackback/141
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ